滋賀で子育て

滋賀で子育て

滋賀県近辺の子育て世代向けのお出かけ記録です。

f:id:gu-gu-life:20190108130743j:plain  f:id:gu-gu-life:20190108130753j:plainf:id:gu-gu-life:20190108130852j:plain f:id:gu-gu-life:20190108130758j:plain

 f:id:gu-gu-life:20190108130748j:plain f:id:gu-gu-life:20190108131533j:plain  f:id:gu-gu-life:20190108130802j:plain f:id:gu-gu-life:20190108130741j:plain 

大津市科学博物館。児童館に通い詰めたら次は科学博物館で遊んで学ぼう!

スポンサーリンク

滋賀県プラネタリウムが見れる場所としても有数の、大津市科学博物館。

夏や冬になると、不定期ではありますがアンパンマンプラネタリウムがあったりと、子供たちにも大人気。

そんな科学博物館はプラネタリウムだけじゃない!

是非とも平日、児童館に飽きたら行って欲しいスポットです。

 

駐車場も無料なので、お子さんが小学生未満なら、100円で思い切り楽しめる場所です。

 

 

キッズトンネルは乳幼児さん向け

f:id:shigadekosodate:20181218190915j:plain

滋賀県のイメージした壁画がとっても愛らしいです。

机もイスも乳幼児さんを対象とした小さなものばかりなので、大きな子の中に混ざって遊ぶ心配も少なく、安心です。

 

2歳の息子は壁に付いた歯車が気に入ったようでグルグルと何度も回していました。

f:id:shigadekosodate:20181218191213j:plain

 

 

ビッグアースは触れる地球

f:id:shigadekosodate:20181218191259j:plain

入口に鎮座する素敵な地球。

是非係の方に声をかけて、触ってみてください。

 

 

琵琶湖ウォッチング

f:id:shigadekosodate:20181218191255j:plain

琵琶湖についての映像が流れるのですが、途中「インタラクティブ」として床に映った映像の上を歩くと、その映像が湖の上を歩くように揺れます。

 

映像と体の両方で琵琶湖を感じられるシアターです。

 

 

滋賀の大地

f:id:shigadekosodate:20181218191314j:plain

キラキラしている石などが飾ってあるせいか、5歳の娘がいつも食いついてみています。

顕微鏡はなかなか覗けないので、ここぞとばかり覗いています。

 

 

サイエンステーブル

f:id:shigadekosodate:20181218191310j:plain

各テーブルにいくつか科学工作があり、それを使って遊ぶことができます。

「わくわくサイエンス」と言う催し物もあるようです。

 

 

琵琶湖のいきもの

f:id:shigadekosodate:20181218191304j:plain

水族館のようなスペースになっています。

手前のモニターにではクイズ形式の学習も体験できます。

 

 

ミラーハウス

私がこの施設で一番好きな場所がこちらです。

様々な鏡が設置されており、わくわくします。

 

こんな平面鏡を対面する壁に貼りつけたものに2歳の息子が飛び込んでくると…

f:id:shigadekosodate:20181218192123j:plain

 

「うわぁ!」

f:id:shigadekosodate:20181218192110j:plain

本人も永遠に続く自分の姿にとっても驚いていました。

 

 

電力プロペラフロート

これはうちの子供たちがみんなこぞってやりたがるものです。

f:id:shigadekosodate:20181218192405j:plain

ハンドルをグルグル回し、動力が溜まったら光るボタンを押すと、手前の筒の中にあるプロペラが回転して浮かび上がります。

 

 

てこの実験

f:id:shigadekosodate:20181218192338j:plain

てこの原理って、理科を倣う中で天秤を使って小さなおもりで実験することはあっても、体を使って体感することってなかなか珍しいので、貴重です。

 

 

ボールコースター

f:id:shigadekosodate:20181218192647j:plain

息子が1歳の頃から大好きな展示物で、2歳の今でもずっと見ています。

 

これを見るとウッチャンナンチャンの「炎のチャレンジャーこれができたら100万円」の電流イライラ棒を思い出します。 

f:id:shigadekosodate:20181218193126j:plain

手前のボタンを押すと中の黒いシートが回転し、太さの違うわっかがどう動くか見れます。

くるくる動くわっかに、2歳の息子は大興奮して、全部わっかを独り占めしようと大騒ぎ。

遊んでいるのか、いやまた遊ばれているのか…。

 

 

三球儀

f:id:shigadekosodate:20181218193406j:plain

中に太陽、地球、月の模型があり、外側のレバーを持って回転させると、各球体の動きによって月の形などが見えてくる展示物です。

 

レバーがあれば回してみたい盛りの息子は回すのですが、背が低いので中の模型は見えておらず、それでもくるくると回す…。結構重たいんですけどね、楽しいみたいです。

f:id:shigadekosodate:20181218193401j:plain

 

 

他にも…

マグネットアドベンチャー

f:id:shigadekosodate:20181218193410j:plain

磁力を使って中の鉄球をスタートからゴールまで運ぶものらしいです。

めちゃくちゃ難しくて、スタートから20cm以上進められませんでした…。

 

トライアルジャンプとか

f:id:shigadekosodate:20181218193358j:plain

垂直にジャンプ!月でジャンプした時の感じが分かるそうです。

でも30歳を超えた私には、垂直にジャンプとか久しぶり過ぎてできない…涙

 

 

壁面だって「学び」でいっぱい

f:id:shigadekosodate:20181218193414j:plain



色々勉強のために行けばガッツリ学ぶことができ、科学のことが少しでも身近に感じられる施設かと思います。

でも、小さいお子さんが行っても、目の前で起こる不思議を見て驚いたりと何かしら感じることのできる体験ができるかなと思います。

 

 

小学生未満は100円で入場でき、遊びながら学べるスポットなのでオススメです。

 

 

施設情報

■住所

滋賀県大津市本丸町6番50号

■営業

展示ホール⇒9:00〜16:30

月曜・第3日曜・年末年始(12/29〜1/3)はおやすみ

■公式HP

大津市科学館 OTSU CITY SCIENCE MUSEUM

 

★車で15分ほどのところに美味しい洋食屋さんもあります

shigadekosodate.hatenablog.com

 

草津市には琵琶湖博物館もあります。

shigadekosodate.hatenablog.com