滋賀で子育て

滋賀で子育て

滋賀県近辺の子育て世代向けのお出かけ記録です。

f:id:gu-gu-life:20190108130743j:plain  f:id:gu-gu-life:20190108130753j:plainf:id:gu-gu-life:20190108130852j:plain f:id:gu-gu-life:20190108130758j:plain

 f:id:gu-gu-life:20190108130748j:plain f:id:gu-gu-life:20190108131533j:plain  f:id:gu-gu-life:20190108130802j:plain f:id:gu-gu-life:20190108130741j:plain 

【琵琶湖博物館】関西で混雑しにくい博物館!~2018年第2期リニューアルの見どころ~

スポンサーリンク

琵琶湖の風を感じながら、ドライブしつつ行ってみたいスポットの1つ。

それが滋賀県立琵琶湖博物館です。

 

入場料金も比較的リーズナブルで、年間パスポートもある!

博物館利用の場合は駐車場も無料。

 

第2期リニューアルオープンした琵琶湖博物館に遊びに行きませんか?

f:id:shigadekosodate:20180805101224j:plain

 

 

 

2018年 第2期リニューアルの「ディスカバリールーム」

2018年7月に第2期リニューアルオープンした琵琶湖博物館

「交流」を目的に「体験」「体感」ができる新展示スポットとして「ディスカバリールーム」が開設されています。

 

ディスカバリールーム

博物館へ入ると、1階右手に見えてくる「ディスカバリールーム」

大人と子供が一緒に楽しむことができます。

f:id:shigadekosodate:20180805101837j:plain

 

こちらのディスカバリールームのみどころは、なんと言ってもザリガニでしょうか。

f:id:shigadekosodate:20180805101844j:plain

入口から入ると、ドーンと大きく出迎えてくれます。

しっぽの部分から内部に入り、ザリガニのはさみをカチャカチャと動かすこともできます。

 

乳幼児さんだと少し怖がってしまうお子さんもいると思いますが、他にもバードウォッチングや昭和の暮らし、小さな水槽、影絵等、「見て」「触って」体験できるコーナーがありました。

 

 

②おとなのディスカバリールーム

子供とディスカバリールームを楽しんだら、同じく1階の右手奥にあるのが「おとなのディスカバリールーム」です。

 

内装がとっても落ち着いた印象で、つい座って本を読んだり顕微鏡を覗きたくなる場所です。

f:id:shigadekosodate:20180805101350j:plain

 

顕微鏡を覗きながらスケッチする場所もあります。

f:id:shigadekosodate:20180805101353j:plain

何が見えるかは覗いてみてのお楽しみですね♪

 

 

国内最大級の淡水生物の水族展示室は琵琶湖ならでは!

湖の中を回遊している様な場所、それが琵琶湖博物館の水族展示室です。

f:id:shigadekosodate:20180805102455j:plain

 

たとえばこちら。

f:id:shigadekosodate:20180805102504j:plain

上半分は地上で、下半分が水中の湖を切り取ったような水槽。

大きな水槽に子供たちもへばりついて魚を追っていました。

 

水族展示室で私が好きなのは壁面やベンチシートです。

f:id:shigadekosodate:20180805102512j:plain

1つ1つこだわりを見せてくれて、どこを切り取っても写真映えする場所ばかりでした。

 

水族展示室を進んでいくと、ちょっとびっくりさせられるのがこちら。

まさかの八百屋さんの展示コーナー。

f:id:shigadekosodate:20180805102518j:plain

琵琶湖に生息するお魚が並べられ…。

 

しまいには郷土料理として陳列させられる…。

f:id:shigadekosodate:20180805102523j:plain

食育まで抜かりがないけれど…。

水族館の魚だったらちょっとヒヤヒヤもんですね~。

 

滋賀の郷土料理と言えば鮒すし。

発酵臭が強く、味も独特です。

癖の強い食べ物がお好きな方なら…お酒のあてに行ける…かな?

 

 

お魚やザリガニを触る場所もあります。

f:id:shigadekosodate:20180805102533j:plain

最近では、ザリガニに触ったことがある子も結構少ないのかな?

ここで度胸試し!もいいですね。

 

琵琶湖に生息する淡水魚がメインではありますが、外来魚や古代魚等、様々な種類のお魚や生物を見ることができます。

f:id:shigadekosodate:20180805103700j:plain

 

 

微生物のマイクロバーはちょっと独特!

f:id:shigadekosodate:20180805103704j:plain

どこかのカフェの様なたたずまいで、ちょっと覗いてみたくなるのがマイクロバー。

顕微鏡がズラリと立ち並び、微生物たちを覗くことができます。

 

 

琵琶湖水系にしかいない生き物

琵琶湖博物館ならではの展示ですね。

f:id:shigadekosodate:20180805103709j:plain

私は出身が東海地方なので、恥ずかしながら知らないお魚ばかりでした!

 

 

湖と暮らしやその歴史

博物館としては「歴史」や「湖に近い滋賀県だからこその生活」を感じさせる展示室もたくさんあります。

 

昆虫や生物、様々な展示物が四方八方から!

こちらはオニヤンマですね。

f:id:shigadekosodate:20180805104548j:plain

見つけた時はちょっとびっくりしました~汗

 

「森林を育てる」ことの大切さやその方法など

f:id:shigadekosodate:20180805103714j:plain

右手に映るヘルメットや作業着、チェーンソーを持って写真を撮ることもできます。

 

戦後の暮らしの歩みとして

年代ごとに懐かしいグッズや家電などか置かれ、当時の生活をほうふつさせます。

f:id:shigadekosodate:20180805103719j:plain

私は1980年代生まれなので、こちらが懐かしグッズです。

 

琵琶湖博物館」だから「琵琶湖に関係するもの」がメインではありますが、そこから派生して人々の暮らしや生物、またその歴史などが展示されているので、幅広く楽しめる博物館になっていました。

 

 

施設紹介

住所

〒525-0001

滋賀県草津市下物町1091

TEL 077-568-4811

営業

9:30~17:00

月曜休み

料金

大人750円/大・高校生400円/小中学生以下無料

※その他の料金体系はこちら

 >>料金 | びわ博ホームページ

駐車場

普通車550円

2輪・原付200円

※博物館利用者は総合案内所にて無料サービス券発行あり

公式HP

びわ博ホームページ | 琵琶湖のすべてを感じるミュージアム

 

 

樹冠トレイルに無料で観れる方法

shigadekosodate.hatenablog.com

 

★雨が降ると休日の遊び場に困るのが滋賀県。持っておいてお得です!
shigadekosodate.hatenablog.com